Skip to content →

【雑記】半ロックダウンのバンコクの近況

5/1からバンコクでは半分ロックダウンのような状況になっています。

正確には飲食店での店内飲食禁止、県を跨いでの移動自粛の要請などです。

「緊急事態宣言」というと日本の1回目は人出も少なく、ゴーストタウンのようになっていましたね。

タイでの「緊急事態宣言」というと、実はコロナウイルスの流行が始まった2020/3から現在2021/5に至るまで「非常事態宣言」が出されています。

1年以上も続いているので正直に言うと国民の緊張感もイマイチ、、

ただ2021/4にバンコクの娯楽施設で発生したクラスターを発端に感染者が急増。今回のロックダウンのような状況的に至っています。

街の状況はというと、、

かなり賑わっています。笑

パブや居酒屋は営業できてないので夜の人出はかなり少なくなってはいるものの、あまり飲食店での店内飲食禁止前までと変わっていないように感じます。

飲食店、、というか、ショッピングモールのフードコートはこんな感じです。

普段は並べられている机と椅子が1か所に固められて置かれています。

普段は明るい店内も電気が暗くなっています。

テイクアウトのお客さん用の椅子です。ここでは食べられません。笑

とあるフードコートでは机も椅子も全くなくなっていました。

また別のフードコートは真っ暗。

昼の街の様子はあまり変わりませんが、ショッピングモールの様子が特殊だったので写真を撮ってみたという記事でした。

では。

Published in 海外旅行

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です